2017年12月17日

牽制でしょうね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/171216/wor1712160041-n1.html
元中国軍幹部、朝鮮半島軍事衝突「いつでも始まる可能性」 米国の武力行使を念頭に
中国の報道機関主催の会議でだそうですよ。
対外向けというか対米向け牽制でしょうかね。
一部引用
北京で開かれた中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報主催の会議
この感じからするとある程度のシナリオという予測図が複数あるのでしょう。

記事内では前後しますが、”中国人民解放軍南京軍区の副司令官(中将)”南京軍区なんですよ。
北朝鮮と直で陸続きではないはずなんですけどね。
中国の軍区(軍閥)とか絡んでくる話ですので、判断は難しいところはあるのですが、軍事衝突は出来るだけ避けたいというのがホントのところでしょうかね。

どさくさに紛れて何かしようというよりは、北部軍区あたりの暴発を避けたいところなのでしょうか。
中国共産党(北京)の現状からすると、北朝鮮でもめさせておく方がいいと考えているのでしょう。
韓国が勝手に引っ掻き回してくれますからね。
嫌がらせだけはものすごいものがありますから。
posted by はせんき at 00:10| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

どこまで自己責任と言えるのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/171216/wor1712160004-n1.html
半島有事、韓国が米以外との退避協議を拒否 日本政府は有志連合で対応へ、国連軍会合改編も視野
半島有事の際に関する協議をしないんだとか。
いきなり暴発するかわからない状況なわけです。
米軍(国連軍)がいるのでギリギリというところでしょうか。
日本人を含む米国人以外の国の国籍者の退避はさせませんとか言ってるわけです。
北朝鮮には外国人がいるから、攻撃するなニダでしょうか。
人質のように使おうというのでしょうかね。

かなり状況は切迫していると考えたほうが良さそうです。
事態が表面化してきたときにはすでに遅いという状況でしょう。

いまだに妙な幻想を抱いているお花畑が一定数いるというのはどうにかならんものかと思いますね。
どの段階までが自己責任と言えるのか、考える必要があるのでしょう。

腐れサヨクとかパヨクは、「セイフノタイオウガー」ぐらいしか言わないのでしょうけどね。
posted by はせんき at 21:22| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まとまるわけがないわけですよ

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/171216/wor1712160023-n1.html
安保理に北朝鮮大使も参加 日米は圧力強化で結束呼びかけ ティラーソン氏は軌道修正
一応話し合いと言えますね。
少しぶれているように見えていた、米国ですが軌道修正してきたようです。
北朝鮮は相変わらずというところですかね。

米国は対話のチャネルは開いておくという事にしているようですが、まともに機能するなんて思っていないでしょう。

一部引用
フェルトマン事務次長(政治局長)が今月の訪朝で「北朝鮮には、危機感がなかった」とグテレス氏に報告
この事をどう解釈するかですね。
国連の場がまともに機能するかという点において、今後の試金石というところでしょうか。
posted by はせんき at 17:04| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんな展開になるんだか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/171215/plt1712150032-n1.html
国連安保理、日本主催で閣僚級会合 北の大使も異例出席へ
北朝鮮がいきなり参加なんだとか。
時差の問題は忘れてはいけませんね。
この話の公開される内容に関しては、日本時間16日午前中というところでしょうか。
外務省の公式でどのような内容になるかが、注目点だと思います。
マスゴミの妙な希望的観測混じりの記事はあてにしないほうがいいでしょう。


もういくつか
http://www.sankei.com/politics/news/171215/plt1712150034-n1.html
北京大講演でも「抗日」連帯アピール 日本軍の要人殺害した独立活動家にも言及
なんだか、認識がすごいです。
これが韓国人の本当の標準なのでしょうか。
時系列という概念がないのでしょうか。

とりあえず覚えた言葉使ったのかな?
http://www.sankei.com/politics/news/171215/plt1712150036-n1.html
立憲民主・枝野幸男代表「安倍晋三首相は保守主義ではなくパターナリズム。自分は保守でありリベラル」
なんか、とにかく聞こえの良さそうなこと並べているだけにしか思えないのですけど、気のせいでしょうか。
現状を考えると、保守と革新、右翼と左翼の定義からやり直す必要があると思います。
自称リベラルな連中に限って、やっていることが言論弾圧一直線ですからね。
差別するなと言いながら、逆差別とか、差別を食い物にしているとか、笑えないんですけどね。

少し引いたところから見ていると、この手の人たちは景気がよくなって欲しくないというところでしょうか。
景気がよくなると、社会に不満を持たない方向に進みますからね。
posted by はせんき at 00:10| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

観測気球な話でしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/171215/wor1712150033-n1.html
北朝鮮が核実験に踏み切れば「軍事攻撃の可能性は70%」 金正恩政権との全面戦争へ 米共和党重鎮
米国の議員はある程度織り込み済みで動いているのでしょう。
やはりというか、一部の層には事実上の警報が出てるみたいですね。
核に対する反応とか、米国本土への攻撃とかに対して神経質なのがUSAの本質の一部という事なのでしょう。

どこの段階で、北朝鮮が折れるかという感じの展開に持っていきたいのが米国の立場でしょうか。
北朝鮮が勝手に折れれば、コストかからずに済むかもしれませんからね。

一部引用
金正恩体制が核ミサイルで米国を攻撃する能力を確保させないとの決意を「100%固めた」と強調。
このあたりの話がもう少し聞こえてくるかというところでしょうか。

地上軍で殲滅戦的な展開でなく、遠距離からのミサイル多数、ステルス攻撃機、爆撃機で要所の破壊な展開を取るような気がしますけどね。
地上軍はギリギリまで投じないのではと勝手に予測しておきます。
posted by はせんき at 20:31| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする