2018年06月07日

さすがに問題な事とか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/affairs/news/180607/afr1806070022-n1.html
規約に「市民道徳守る」の共産党「厳しく対処」 サドルに体液の28歳長野市議が容疑認め辞職
ハレンチな内容だったとの事らしいです。
記事では体液と書いてます。
こう書かないと問題なモノなのでしょう。
共産党では除名を含めて厳正に処分するとか言う事らしいですけど、大丈夫なんですかね。


どこの関係者ですかね、きっちり明かしましょうよ。
http://www.sankei.com/politics/news/180607/plt1806070025-n1.html
特定候補応援の掲示物作成、園児に手伝わせる 柏崎市立保育園の保育士、園長が黙認
10日投開票の新潟知事選関係のお話ですね。
どの候補の提示物なのでしょうか。
どうして開示しないんですかね。

一部引用
市立保育園の20代の女性保育士が8人の園児に対して、特定の立候補者を応援する掲示物の作成を手伝わせていたと発表し、謝罪した。
特定の候補とは誰なのでしょう。
子供を使うという事からすると、あの人たちなのでしょうか。
ツイッターで誰かが正解を呟いているみたいですよ。
(他にもいろいろやらかしているらしいです)


http://www.sankei.com/politics/news/180607/plt1806070019-n1.html
「安倍9条改憲NO!」の市民グループが立民・枝野幸男代表に署名簿提出
自称市民グループだそうです。
なんと、署名の数は1350万人分以上だとか、主催者発表ですけど。
これぐらいの規模にになると、相当に下準備とか必要だと思うのですがどうなんでしょう。
それなりの物資が動くわけですから、どこかに何らかの影響があるとかんがえますけど、一種のプチブームみたいな感じにならないと厳しいのではないですかね。
一部引用
枝野氏と共産党の志位和夫委員長、自由党の小沢一郎代表、社民党の照屋寛徳国対委員長、衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子代表が参加した。
いかにもやりそうなメンツがそろっている感じですけど、気のせいですよね。
posted by はせんき at 21:25| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下準備中ですか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180607/wor1806070021-n1.html
現行の北制裁維持、拉致取り上げを確認 日米外相が会談
基本現状維持でさらに上乗せ的展開という事でしょうか。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page3_002481.html
日米外相会談

日米外相会談が行われていますが、基本的な方針と使いで何かするという事の確認ができたという事のようです。
あと、予定されている米朝首脳会談後に方針のすり合わせを行うようです。
一部引用
両外相は,米朝首脳会談後,速やかに日米,日米韓で情報共有を行い,方針のすり合わせを行うことを確認しました。
この一文ですが、韓国にどこまで話すかは微妙というところでしょうか。

韓国が重要な位置にいるのなら、外相会談とか日米韓3か国外相会談とか行われると思いますけど、どうなんでしょうか。
posted by はせんき at 17:01| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少し進んだ

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180606/wor1806060007-n1.html
場所はセントーサ島の「カペラホテル」 米国は北朝鮮の滞在費支払わず
リゾートホテルだそうです。
選ばれた理由の一つに、現地へのルートが制限されているというのがあるそうですよ。
特定の橋使わないといけないのだそうです。
その他の手段だとボートとかになるみたいですね。

シンガポールは着実に対応中というところでしょうか。

そして、費用は
一部引用
一方、国務省のナウアート報道官は5日、金正恩氏ら北朝鮮代表団がシンガポールの滞在費を支払えない恐れが指摘されている問題で、「米政府は北朝鮮代表団の宿泊費や経費を支払うことはない」と言明した。
米国は負担しないだそうですよ。
北朝鮮分は誰が支払うんですかね。
マスゴミのみなさんはこの辺り突っ込まないのでしょうか。
posted by はせんき at 00:17| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする