2018年09月10日

目に見える形で事態が動きますかね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180910/plt1809100070-n1.html
安倍晋三首相とプーチン大統領、マツダ・露自動車大手合弁会社の工場視察 経済協力の主力事業
視察だそうですよ。
ロシアも何か抱えているという事なのでしょう。
日露首脳会談をやるという事ですけど、先行して工場視察ですから、何かあるのでしょうか。
ロシアの権力闘争は落ち着いているみたいですけど、表にできない何かがあるんでしょうかね。
このあたり、情報がないので様子見でしょう。
外務省の公式に注目でしょうか。
posted by はせんき at 21:02| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか訴えたの

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180909/wor1809090022-n1.html
金正恩氏、米に合意進展訴え 中国序列3位と会談
訴えたんだそうです。
どこかの配信社の記事ですので、少し注意が必要ですね。
一部引用
金氏は北朝鮮が6月の米朝首脳会談での合意実現へ尽力していると強調し「朝鮮半島問題の政治解決」を共に進展させるよう米側に呼び掛けた。
言うだけならできますから。
中国と仲良しという演出をしたようです。
あまりにもダイレクトに言わないでという事でしょうか。
婉曲な概念による言い回しなんて理解できましたかね。


こちらのはなしも
http://www.sankei.com/world/news/180910/wor1809100004-n1.html
北パレードで弾道ミサイル登場せず トランプ氏、金正恩委員長に「ありがとう」
シンプルに言ったみたいですね。
一部引用
「北朝鮮による、重大で非常に前向きな意思表示だ」
このあたりはトランプ大統領ですからね。

一部引用
非核化の実現を悲観視する人々は「全員間違っているということを2人で証明する」と強調した。
非核化の手段と手順について触れてません。
北朝鮮(韓国)と中国の都合なんて考えていないとも取れます。
あきらかに明確に誰が見ても理解できる形での非核化を望んでいるのでしょう。
米国トランプ政権そしては、非核化が出来ればいいのであって、体制がその過程及び結果で崩壊しようが関係ないわけです。
このあたりの認識の差が今後出てくるのではないのでしょうか。
posted by はせんき at 11:17| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか言ってる

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180909/plt1809090011-n1.html
国民民主党・玉木雄一郎代表「4年で政権奪取したい」 地元で意欲
言うだけなら。
言うだけですよね。
支持されていましたかね。

どうせ、
セイフガー
モリカケガー
の他に何かありますかね?
台風とか地震とかに関連して、酷いこと言う気がしてますけど、気のせいですよね。
大丈夫ですよね。
総裁選で何やら言い出すんですかね。

騙されたい人からすればちょうどいいのでしょうかね。
そのうち、「私は騙されていた」とか言い出す、元自称日本市民とか現れるんですかね。


こちらは
http://www.sankei.com/politics/news/180909/plt1809090012-n1.html
河野太郎外相、北軍事パレードは「『非核化の用意はある』との意思表示」
これぐらいの事なら言っても問題ないという事ですかね。
手札のうち、公開札(見せ札)という感じでしょうか。
一部引用
「演説をすれば、どうしても拳を振り上げるようなことになってしまう。だから演説をしなかったのかもしれない」
地味に聞こえているわけですけど、さすがですね。

一部引用
制裁緩和のためには、北朝鮮国内にある核関連施設の申告や国際原子力機関(IAEA)による査察が必要との認識を示し、「北朝鮮がそうした宣言をするところからがスタートで、ボールは北朝鮮のコートにある」と北朝鮮に具体的な行動を求めた。

さて、どんな反応を返すのでしょうか。
posted by はせんき at 04:17| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見えていないもの(手札)もたくさんありますからね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/economy/news/180909/ecn1809090006-n1.html
早期解決、全面対決、長期化…「3つのシナリオ」可能性を探る
シナリオだそうです。
現状、米国の手札とか見えていないモノがありすぎですので、参考にする程度でしょうか。
アホな陰謀論モドキとくらべてはいけませんね。

聞こえのいい感じのこと言いながら、間違いを言いふらすのがいるので注意しましょう。

米中という視点になると、変数というか関係する要素の数が多すぎるので、大雑把にしかかけなかったのではと勝手に推測しておきます。
最低でも、日EU英がどう絡むかという点が必要になるわけです。
このあたり現状読み切れるかというと、各国の手札が観えなさすぎるのであまりにもまとめることができないというところではないのでしょうか。

週明けの市場がどんな状況になるか、じっくり見てからでもいいのではと思います。
posted by はせんき at 00:02| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする