2018年09月16日

余裕がなくなってきたのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180916/wor1809160010-n1.html
「台湾はスパイ行為をやめよ」 台湾にスパイ活動停止要求 中国
スパイ行為やめよだそうです。
一部引用
台湾当局のスパイが中国で、公然と情報を盗み破壊活動を進めているとして、
中国人と見分けがつくのでしょう。
一緒にしたら台湾の人に怒られますね。
とりあえず、スパイがーという事にしておくのでしょう。
中国共産党に都合が悪いことは、台湾が悪いという事にしておくんですかね。

一部引用
中央テレビは15日、中国当局が台湾スパイに関する事案を100件以上摘発したと報じた。(共同)
自称する分には、件数をいくらでも盛ることできますからね。

中国の余裕みたいなのがなくなってきているんでしょうか。
posted by はせんき at 20:26| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あおりとかで反応中

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180916/wor1809160007-n1.html
「朝鮮戦争の終結は時期尚早」 河野太郎外相の発言非難 終戦宣言巡り北朝鮮通信社 「対決ムードあおる」
非難だそうです。
あおりいれられてるとか、反応してます。
一部引用
「対決ムードをあおり地域問題に首を突っ込もうとする醜悪な性根だ」
地域問題でもいいのですけど、朝鮮人同士で解決できますかね。
かれこれ何年分断していましたかね。
自力で解決できるのならぜひやってください。

一部引用
「周囲からのけ者にされた者の断末魔の悲鳴にすぎない」
そうなんだー(棒)
除け者でもいいので、自力で統一してください。
費用負担も求めないでくださいね。
在日朝鮮人の皆さんに帰国命令を出してくださいな。
核とか不可逆な形で検証できる形で破棄して、韓国と統一しますというだけですよ。
在日朝鮮人の皆さん、現地で訴えましょう。
統一朝鮮のために活動しましょう。

自力でやる分にはどうなってもいいので、こっち見ないで進んでくださいね。
posted by はせんき at 17:20| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうなりますかね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180915/wor1809150015-n1.html
独連立政権、情報機関トップ処遇で対立 外国人襲撃「証拠ない」発言が物議
物議だそうです。
外国人という枠なのか、移民という事なのか、極右が絡んでいるからなのか、ごたついているというところでしょうか。
ドイツ内部で何やら蓄積されているというところですかね。
行きつく先は、移民排斥からの極右の台頭でしょうか。
リベラルが極右を完全排除という流れになるのかもしれあませんけどね。
この人たちがどこにつくか、陣営はどこなんだという事の判別が難しい状況というのがあるでしょう。
一気に極端な方向に行きそうですので心配なんですよね。
”ナチス”復活みたいな感じになるのでしょうか。

ドイツの例は重要な事を示唆しています。
外部からの流入者が、現地の文化を尊重していると思えない行為をしているという事になると、反発しか生まない。
どこかで排斥運動が凄惨な形で起きるのではと危惧しています。

きめるのは、ドイツの人たちですから、理性的な判断を望みたいのですけど・・・ドイツ人ですからねー
posted by はせんき at 06:48| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何か言ってます、説得力・・・ありませんね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180915/wor1809150008-n1.html
米国立公文書局訪問中の立民・枝野代表「公文書管理庁の設置を」
おもいつきですかね。
文書管理なんてまともにできていなかったと思いましたけど・・・どうですかね。
議事録とか文書破棄のあたりで問題残してますよね。


http://www.sankei.com/world/news/180915/wor1809150012-n1.html
枝野立民代表、日米同盟重視を強調 辺野古移設見直しに「米側は好意的だった」
表向きの事だと思いますけどね。
適当に話し合わせていたとか言う落ちのような気がします。
沖縄県で選挙行われていますけど、野党陣営の皆さんどう判断するんですかね。

一部引用
枝野氏が一連の訪米日程で会ったのは野党・民主党議員が中心で、外交・安全保障に関わる米政府当局者とは会談していない。これについて、枝野氏は「二元外交のような話になれば国益を損ねるので、あえて政府関係者との会談は求めなかった」と述べた。
あってくれる人がいなかったというだけのような気がしますけどね。
時間を割くだけ無駄ではなく、害悪にしかならないと判断されているのではないかと・・・旧民主党議員ですからね。
posted by はせんき at 00:17| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする