2019年01月15日

これはどうしましょう(棒)な話とか

何のことかというと
産経からまずはこの話
https://www.sankei.com/politics/news/190115/plt1901150029-n1.html
菅官房長官「日韓双方のデータ提示が不可欠」 レーダー照射問題
データー照合しましょうということです。
一部引用
「客観的、中立的な事実確認を進める上で双方が必要なデータを示すことは不可欠だ」
客観的に物事を見るという事が彼らにはできるんですかね?
立場的には、微妙な言い回しも必要だと思いますけどね。

意味不明な質問をするという事で有名な、記者はダンマリしていたのでしょうか。
アレな人相手にしないといけないわけですから、それなりに高給でもいいのではないですかね。

一部引用
「日韓が把握する事実を突き合わせて何が真実か、どう解決していくかを話し合う必要がある」
事態が悪化して、どうしようもないという判断をしたくないのでしょうね。
腐れサヨクとかパヨク対策がまだでしょうからね。
シビリアンコントロールの問題もありますし、自衛隊の指揮官は内閣総理大臣ですからね。
(自衛隊法第7条)
この辺を考えると、あまり強硬なことは言えないわけですけど、もう少し言いかたがあるのではないですかね。
これまで、友軍で友好的としてきたのが”無駄になった””無意味になりました”と認めたくもないのでしょう。
米国(米軍)の横ヤリとかあったにしろ、表向きは友好的に振舞えたわけですからね。
事態が進んだという事は言わないといけないと思いますけどね。
正確には、”一方的に韓国側が進めてしまった”こちらの方が正しいのでしょうけどね。

もうひとつ
https://www.sankei.com/world/news/190115/wor1901150013-n1.html
「北朝鮮は敵」、日本と「価値共有」記述削除 文政権初の国防白書
国防白書の件です。
なかなかすごい記載になったようです。
一部引用
白書では北朝鮮を「敵」とした従来の表記を削除する一方、日本については「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有している」との表記が省かれた。
大転換ですね。
韓国陸軍はどこ向きになるのでしょうか?
日本についての記載も削ったようです。
この事から、対日本で敵対行動をとるという可能性が高くなったと判断するしかないですね。
韓国国防省の公式見解ですからね。

一部引用
また、白書からは北朝鮮の核・ミサイル脅威に対し日本と協力するとの記述もなくなった。米国以外の周辺国との軍事交流と協力の記述順も、これまでの「日本、中国」から「中国、日本」の順に変わった。
北朝鮮に関しては・・・そうですかと・・・
軍事交流の順位が下がったようですけど、(韓国から)疎遠になってくれるんですね。
中国と軍事交流だそうです。

米韓同盟が最後の重しになるんですかね。
米国がどんな反応をするかというのが気にはなりますけど、日本のメディアは突っ込まないでしょう。

在韓邦人の皆さん、かなり緊迫化してくることが予想されます。
自分だけは大丈夫なんて、未意味で無駄な過信はいけません。
勝手な忠告とさせていただきます。


特定アジアという事にしぼると
2月8日が暫定的な一つ目のタイムリミットですかね。
次が3月1日でしょうか。
適当な予測ですので、ハズレても文句はナシでお願いします。
posted by はせんき at 21:29| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこまで行くのでしょう

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190115/wor1901150012-n1.html
韓国、レーダー情報開示拒否 「無礼な要求」と日本を非難
非難だそうです。
拗れるで済まない段階に入ってるという事に気が付いているのでしょうか。
対日で弱気になれないというのがあるかもしれませんけど、それはかの国の選択ですからね。

一部引用
協議で日本側は、韓国駆逐艦の全体的なレーダー情報(周波数)を明らかにすれば、日本側の収集したデータの一部を示すと提案したが、韓国側はこれに応じなかったという。
答え合わせしましょう、というのを拒否という事ですね。
単純に公開という事だと「違うニダ」でしょうからね。

この件、米軍(国防省)は完全に把握しているでしょうね。
介入してこないというのがこれまでと違うという事なのでしょう。

一部引用
「韓国としては受け入れ困難で、非常に無礼な要求であり、問題解決の意思がない無理な主張だ」
この段階になってしまった以上「一番マシな解決方法」だったわけです。
素直に「ごめんなさい」する機会を自ら放棄したと言えるでしょう。
表向きかつ建前上は”友軍”扱いできるギリギリというのがあるわけです。
今回の件で、このような事を公式発言してしまったので、次の段階に強制的に進めたことになります。
第3国の仲介というのがあり得るかというと・・・一番やりかねない米国が表向きには動いていないんですよ。
事実上の敵になる可能性のある存在(組織)として対処するのが妥当でしょうね。
仮想敵国という段階をすっ飛ばしたともいえるのではないですかね。
posted by はせんき at 17:11| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平行線という言いかたですね

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190115/wor1901150002-n1.html
レーザー照射「張り詰め平行線」日韓協議
韓国側の発表と報道がベースな記事ですので、そのあたりは注意が必要です。

何らかの合意とか、見解の一致とか、問題解決の糸口とか、言う展開にはならなかったわけです。

一部引用
同省関係者によると、協議では意見の隔たりが大きく、聯合ニュースは関係者の話として「協議は張り詰め、平行線をたどった」とし、日本側から証拠となる電磁波情報が提示されなかったと報じた。
意見の隔たりですか・・・
アレですか「韓国に対する愛はないニカ」ですかね。
これまで言ってきたこと、違うだろとか突っ込みまくったんでしょうね。

”日本側から証拠となる電磁波情報が提示されなかったと報じた。”

日本側の持っているデータ等照合して確認しましょうというのに、応じなかったことを、このように言うのですね。
検証作業を拒否したとは書けないのでしょう。


防衛省・自衛隊側は出来るだけ穏便に済ませたいと考えていたと思うのですけど、”協議だけは行った”という実績積み上げただけになりましたね。
予想どおりですね。

シンガポールで協議しているというのも、考えてみると奇妙な事なんですよ。
表向きだけでもの友好国ということであれば、どちらかの国(この場合は韓国国内か日本国内)でやるのでいいはずなのですけどね。
次の会談があるかわかりませんけど、結果として”最後通牒”だけは突きつけなかったという事になりますかね。

米韓同盟がまだあるわけですが、対韓国で偶発的という名目の軍事(武力)衝突も視野に入れた検討が必要になったという認識でいたほうがいいと思います。
一番ぬるい展開になる可能性は、よほどのトンデモな事態が起きたときぐらいでしょうかね。

この状況になってしまったという事で
冷静にならないと、
どっちもどっち、
日韓(韓日)友好
経済は別
民間人の友好は別
このあたりを、言い出す人たちには要注意でしょう。


防衛省・自衛隊公式では
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/14a.html
日韓実務者協議の実施のお知らせ

短いので全文引用
昨年12月20日に発生した韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダー照射事案について、本日、次のとおり、日韓実務者協議(第2回)を実施しましたのでお知らせします。

1 日時等
平成31年1月14日(月)午前9時30分(現地時間)から在シンガポール日本大使館及び在シンガポール韓国大使館で実施

2 関係部署
日本側 引田防衛省統合幕僚監部運用部長、石川防衛省防衛政策局次長 等
韓国側 ブ韓国合同参謀本部軍事支援本部長、イ韓国国防部国際政策官 等
3 協議内容
本事案の主要な論点に係る追加的な議論 等

上層部と政府判断で、どこまで詳細が出てくるかですね。
現場暴走みたいにはなっていないという事が断言できるという事なわけです。
日本のメディアはこのあたりをどう報道するか、注視しましょうかね。
地上波は相当に酷い内容になるのではないかと勝手に予想しておきます。
あと一部の自称ジャーナリストとか自称識者の人たちが、さらにブザマを見せてくれるでしょう。
posted by はせんき at 11:22| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラグ立つんですかね

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190114/wor1901140014-n1.html
米朝首脳再会談、ベトナム有力も…肝心な議題隔たり
ベトナムでとか言う話が出てきてます。
このあたり、続報がどうなるかですね。

米国からするとベトナムでやるというのは結構な決断になるかと思います。
(ベトナム戦争)
”フランス”もいろいろやらかしているらしいです。

時間的な事とか考えると、2月中旬という事になるんですかね。
続報を待ちましょうかね。
posted by はせんき at 10:48| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこまで進展するかは不明な件

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/190114/plt1901140013-n1.html
ラブロフ氏「第二次大戦の遺産」とけん制 日露外相が会談
けん制だそうです。

どうなるかは読み切れませんね。
ロシア側は、弱気姿勢を見せたくないというのがあるようですけど、詳細がいまいち不明なんですよね。
日本の国内メディアが背後から撃ってくるので、注意が必要でしょう。

ロシア系が直接工作を仕掛けてくるかは疑問ですけど、中韓北が勝手にいやがらせするのは黙認するでしょうね。
posted by はせんき at 00:08| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする