2019年02月02日

緊迫方向に行くのでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010026-n1.html
露、反発も本音したたか INF全廃条約破棄 対中牽制可能に
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010035-n1.html
中国、INF廃棄の多国間化を警戒
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010037-n1.html
米、INF全廃条約の破棄発表 露に通告へ
https://www.sankei.com/world/news/190202/wor1902020004-n1.html
トランプ氏、米のみの制限を認めず 「全核保有国の新条約を」INF破棄で
https://www.sankei.com/world/news/190202/wor1902020013-n1.html
NATO、INF破棄支持で結束 核軍拡に不安募る
https://www.sankei.com/world/news/190202/wor1902020015-n1.html
中国外務省、INF破棄に遺憾の意
https://www.sankei.com/world/news/190202/wor1902020018-n1.html
プーチン露大統領もINFの履行停止表明

INF関係の記事からです。
どのような事態になるか読めないですね。
一部の自称平和主義者が奇怪に騒ぎ出しそうです。
核戦力の増強が正解というのは、かなり無理筋ですけどね。
条約を守るとか契約に縛られる傾向が強い、欧米(+日)からすると、なんだかなという事になるわけです。
適正な手段で適切に取り決めとかルールを守るのであれば、ここまでの事にはならないと思います。
単純で判り易い軍拡競争という展開にはならないと思うんですけどね。
米ソ冷戦時期よりも技術発展していますし状況が変わっているので、このあたり勘違いしてはいけないですね。

ある程度の覚悟というのをしている人がどれぐらいいるかが、分かれ目なのかもしれません。
確実に言えそうなのは、団塊とバブルには期待しないほうがいいでしょうぐらいですかね。
ラベル:INF 条約 破棄
posted by はせんき at 21:53| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何でこんなものがな話

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190131/wor1901310041-n1.html
米議会、在韓米軍の縮小を禁止する法案を提出 トランプ大統領に「警告」
可決されて成立しますかね。
一部引用
米下院の超党派議員8人は
具体的には誰かという事になりますね。
この辺り突っ込み不足ではないかと思います。
どこから資金とか、どこの民族系の流れ組んでいるとか、このあたりが重要でしょう。

在韓米軍を置いておくと都合がいいのは誰かという事ですよね。

米国の基本的方針として、取り合えず朝鮮半島にICBMに核がなければいいわけです。
結果として、朝鮮半島が動乱になっても、「民族内紛」で済ます可能性が有ります。

朝鮮半島の位置付けがどのような事になるかで、今後の展開が変わるのではないですかね。
posted by はせんき at 16:51| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか反発だとか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010033-n1.html
「泥棒がうそ」発言に反発 国民感情刺激と韓国外務省
正直者がいましたかね???
泥棒して返していないモノなんて・・・ありますよね
嘘にウソを重ねるのが、基本なのでしょうかね。
妙に反応が早いですよね。

とにかくこっちを気にしていますね。
まるでストーカーという感じですけど、気のせいですよね。(棒)
posted by はせんき at 10:27| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発効したのですけど

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190201/wor1902010011-n1.html
EPAで保護主義に対抗 欧州委員長が声明
EPA発効しました。
この件、妙に扱いが少ないので影響が未知数です。
マスコミの取材能力と分析力が落ちていると判断してもいいのかもしれません。
あと、旧態依然の”海外製品(ブランド)強すぎる”論では説明できないというのがあるのではないのですかね。
日本酒に関しては関税撤廃という形のようです。
売り込み方にもよると思いますけど、やり方次第ではかなりいけると思います。
ほかの物も、やり方次第で相応に勝負ができるのではないのでしょうか。

マスゴミとか老害の言う事は疑ったほうがいいのではないですかね。
posted by はせんき at 10:26| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする