2019年08月09日

ご都合なことを言っているようです

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190809/wor1908090005-n1.html
文大統領、安倍政権批判に照準 全面対決は回避も
韓国ですからね。
一部引用
「結局は日本を含め全員が被害者になる勝者のないゲームだ」
なんだそうです。
まだ、輸出管理の厳格化だけですよ。
一部引用
文氏は同日の国民経済諮問会議で、経済専門家らを前に「日本のこれまでの措置だけでも両国の経済や国民のためにならない」と指摘。また、「日本は自由貿易秩序の恩恵を最も多く受け、自国が必要な時、自由貿易主義を積極的に主張してきた。今回の措置は非常に二律背反的だ」と批判した。さらに「日本が一方的な貿易報復で得る利益が何なのか、分からない。利益があっても一時的にすぎない」と語った。
一方的に語っています。
韓国(人)的には、ニホンガーといって、ご都合よくまとめたいのでしょう。
一時的に儲けるという話をしているようですけど、ド短期の収支で、マイナスになることも考えられます。
ある程度の期間という枠で見ればもう少し違うのでしょうけどね。


一部引用
「弁明をどう変えようが、最高裁判決に対する経済報復だ」
経済報復というのなら、もっと盛大に大々的に宣言しているでしょうに・・・
そして、もっとエゲツナイ手段で、文句を言わせないためにも世界全部(197の国と地域でいいのでしたかね)を巻き添えにするという事も視野に入れた手段を講じるはずです。


一部引用
また「二度と日本には負けない。われわれは十分日本に勝てる」などと対日勝利が目標であるかのようにアピールしている。
何と戦っているんだか・・・
脳内目標でしょうか、並行世界にでもいるのですかね。

そのうち、超時空太閤秀吉が見えるとか言い出すのかもしれませんね。

ついでにこちらも
https://www.sankei.com/politics/news/190809/plt1908090002-n1.html
外交安保取材】徴用工問題で韓国が触れられたくない過去
ご都合主義というか、嘘に塗り固めすぎて、どうにもならないんでしょうかね。
posted by はせんき at 21:56| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易統計とか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190808/wor1908080012-n1.html
中国、7月の対米貿易9・5%減
中国発表の数字ですからね。
どのあたりまで信用できるかというのがあるわけです。

一部引用
1〜7月の対米貿易総額は前年同期比13・4%減の3080億ドル。輸出は7・8%減、輸入は28・3%減だった。黒字は4・2%拡大している。
この書き方からすると、米国製品が買われていないという事になりますかね。
中国向けカスタマイズとか、輸出先各国向けのカスタマイズは米国企業の苦手分野になるのでしょうか。


そしてこちら
https://www.sankei.com/world/news/190808/wor1908080019-n1.html
人民元、基準値7元台に 対ドル11年3カ月ぶり安値
元安方向にするようです。
一部引用
人民元取引の対ドル相場の基準値を1ドル=7・0039元と前日の基準値より0・06%元安に設定した。7元台に設定したのは2008年5月以来、
輸出という事で考えれば、自国通貨安というのはすぐに思いつく手段でしょうかね。

米国トランプ政権的には、あまりよろしくはない手段になるのでしょうけどね。

一部引用
米政権は5日、中国が自国通貨を安値に誘導しているとして、「為替操作国」に認定。元安傾向が続けば、批判のトーンを強める可能性がある。
批判強めるでしょうね。

今回の米国の落としどころというか、最終目的はどこにあるかでしょうか。
日本のマスゴミの言う識者とかアナリストの言う事はノイズというか、観測気球でいいのではないですかね。
誰かに都合がいい内容を言っているだけでしょうからね。
posted by はせんき at 10:01| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調達禁止だそうで

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190808/wor1908080010-n1.html
米政府、中国5社からの調達禁止 13日から施行
調達禁止だそうですよ。
一部引用
華為と、同業の中興通訊(ZTE)、海能達通信(ハイテラ)、監視カメラの杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)、浙江大華技術(ダーファ・テクノロジー)の5社。
華為技術(ファーウェイ)を含むこの5社には要注意ですね。

今回の措置とは別枠でまだあるみたいなので、安易な判断はしないほうがいいみたいです。


中国関連は結構難しい局面になっているという事なのでしょうかね。
posted by はせんき at 00:19| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする