2020年11月25日

生ぬるいのは意図的か

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/201125/plt2011250021-n1.html
中国外相、日本漁船の尖閣航行中止要求 首相は香港情勢に懸念表明

https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page6_000480.html
日中外相会談及びワーキング・ディナー

https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page3_002937.html
王毅中国国務委員兼外交部長による菅総理大臣表敬



https://www.sankei.com/politics/news/201125/plt2011250012-n1.html
加藤官房長官、尖閣沖の中国公船「懸念」 王毅外相に伝達
https://www.sankei.com/politics/news/201125/plt2011250015-n1.html
自民・二階幹事長、中国の王毅外相と会食 懸案解決に向け協力確認


意図的に暈かされているようです。

少しでなくイラつくとは思いますけど、過敏な反応を見せないほうがいいでしょうね。
ただ、何も言わないではなく、何かしらの適切な意思表示をする必要があると思います。


妙な記事とか多いわけですけど、そのあたりには注意尾する必要があると思います。
ラベル:懸念 香港
posted by はせんき at 19:43| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごく少数の特殊例外事例でしょう

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/economy/news/201124/ecn2011240044-n1.html
「田舎は仕事がない」はウソ 農水省検討会で「複業」実践者が報告

極一部の特殊例外事例をいかにもで取り上げてもね・・・

田舎に仕事はないかと言えばないわけではないのでしょうけどね。
その地域が排他的かどうかという所がもっと大きいのではないかと・・・
一部の拗らせ地域とかはものすごいですからね。

負の因習から脱却しているであろう地域であればこのような事例が出てきてもおかしくはないのですけど、地方の嫉妬というのはものすごいものがあるわけです。
農水省という官僚(国の権威)がもっともらしく取り上げるという事で集まった事例でしょうけど、ごく普通の民間主導となると、死屍累々で(東京の)コンサルだけが儲けるみたいな話が数えられないぐらいではないでしょうか。

マルチワークを認めること自体ができない、老害(と予備軍)しかいないところはどうすればいいのでしょうかね。
このあたりの意識改革は相当必要です。


根本的な需要がどこにあるかというあたりの見極めとか相当なものが必要だと思うのですけど、そのあたり安易に考えていませんかね。

新型コロナで観光的要素の強い部分の需要は激減しているわけですからね。
ラベル:仕事 田舎 複業
posted by はせんき at 16:50| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不発なのか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/201124/wor2011240029-n1.html
トランプ氏、闘争不発で引き延ばし困難に 米政権移行開始

不発のように見えるとは思いますけどね。

米国国内の問題さんが想像より多いのと、予想以上に”不正“が多いのでしょうね。

政党で適切な正規の手続きというのが民主主義の重要な一つだと思いますけど、このあたり棄損することも問題なんですけどね。
アレな連中やり口とか自称リベラルやら自称絶対正義マンのやっていることはどうなんだというのがありますからね。


もう少しの間は、先行き不透明でしょう。
posted by はせんき at 09:58| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持ち上げているか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/201124/wor2011240022-n1.html
バイデン次期政権 閣僚は堅実陣容 実務派元高官で「多様性」も


持ち上げていますかね

妙な感じな
一部引用
>ライス氏は前政権で対中融和派と見なされ、日本政府との関係も良くなかったことから、日本にとっては安心材料となった。
???

一部引用
>「米国の多様性を象徴した人事」

多様性だそうですよ。
posted by はせんき at 04:57| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏切者は何処にいる

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/201124/plt2011240045-n1.html
日中ビジネス往来、11月中に再開 外相会談で合意 新型コロナ対応など議論

何処に裏切者の売国奴がいるかですね。

一部引用
>日本側は中国公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の挑発行為に関し、中国側に前向きな行動を求めた。
前向きの行動・・・

米国があの状況ですから、押してきたというか、どう動くか確認されたという所でしょうか。
あまり強気に出てこないと確信されましたかね。

ある程度以上の強気に出ないと無駄なコストと意味ない不幸なだけの犠牲者が出てくるだけだと思いますけどね。


一部引用
>会談では、習氏が参加に意欲を表明した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や、米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領の外交政策などが話題に上った可能性もある。
このあたりどうなのかですね



あいまいな感じにするというのはありですけど、自国民にだけ犠牲を強いる形になりすぎてはいませんかね。
回りくどいやり方はありですけど、無駄で悲惨な犠牲者が増えるという事になりませんか。
不遇な人に不運と不幸を背負わせるにしても、もう限界ではないですかね。




ついか
https://www.sankei.com/politics/news/201124/plt2011240056-n1.html
日中外相、尖閣めぐり応酬 改善の兆しなし
よいしょしているのか、どうなんだか

他の記事とかが、どこまでのものなのかでしょうか。

回りくどいやり方で収まるかというと・・・そんなわけがないわけです。
意図的に超絶強気な発言もしてくことは必要ではないでしょうか。

posted by はせんき at 00:10| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする