2016年04月12日

都合よく、振舞おうとしてるようですが

何の話かというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/160412/wor1604120011-n1.html
海洋安全保障に関する外相声明に関して、強烈な不満だそうです。
他国にあれこれ言いたいけど、自国は言われたくないというのが見え見えですね。

海上交通の要所に関して話しても何も問題ないでしょうに・・・問題を起こしている国以外は
この場合、物流の流れを止めるという方向に向かいかねないから、議題に上るわけです。
どこかの国の言う事を他国は信用していないという事でしょう。

仲裁案も受け入れないと言ってるようですが、話し合いに応じないという事は、残る手段が限られてくるわけです。
隣の人たちって、そんなに好戦的なんでしょうか?
表向き威勢のいいことを言っていないと、体制が崩壊するという落ちが待っているという事ではありませんよね。

そんな中国共産党にやたらと仲良くしたいという、共産党とか民進党とかの人たちって大丈夫なのでしょうか。
(野党のみなさんだけでないけどね)
posted by はせんき at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック