2016年07月13日

ぎりぎりまで

14日にならないと判断できませんという、東京都知事選。
誰が最終的に出てくるかは7月14日の告示まで、もつれているというところです。
今の所、自民公明が分裂、野党4党が一応共闘、その他の方々という事になるのでしょうか。
さすがに、誰がどんな政策を掲げるかという事になるわけですが、どこかのジャーナリストは政策論争をマトモにしないと思います。
某桜井氏がいろんな意味で、面白い動きをするのではないのでしょうか。
どの候補者をどれだけ取り上げるかというところで、マスコミの「報道しない自由」というのを行使されるでしょう。

今回の都知事選で、報道の在り様というのも考えさせられることになるのではないのでしょうかね。
posted by はせんき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック