2017年02月07日

言論統制が大好きなのはどこの国の人

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/column/news/170207/clm1702070009-n1.html
言論統制の国外“輸出” 「人民の感情」を盾の圧力はお家芸だ
米国で在米中国人が騒動を起こしているようです。
一部引用
中国紙によると、米カリフォルニア大サンディエゴ校が今年6月の卒業式の来賓にダライ・ラマを招こうとしたが、中国人留学生の団体が3日に「感情と信頼を傷つけられた」と猛反発する声明を出した。
中国(共産党)にとってはものすごく都合が悪いことなのでしょう。
「人民の感情」とかいってますが、中国共産党の都合という認識の方が正しいのではないのでしょうか。

マスコミの皆さんに多いようですが、中国に妙な幻想を抱くのはやめたほうがいいのではと思います。
思考停止している、腐れサヨクとかパヨクのみなさんは、手遅れなんでしょうけどね。
posted by はせんき at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック