2017年03月12日

手加減してといいたいのでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/170311/wor1703110047-n1.html
中国の鍾山商務相「貿易戦争は百害あって一利なし」とトランプ政権にクギ ロス米商務長官との関係構築に意欲
貿易戦争はしたくありません、ルールを破るのは黙認してとか言いたいのでしょうかね。
意図的なダンピングなどしない限り、物(実物という意味での商品)の値段はある程度相場というものが形成されるのではないのでしょうか。

そしてもう一つ
http://www.sankei.com/premium/news/170311/prm1703110018-n1.html
「媚中」メディアが盛り立てる全人代の経済無策 打つ手に窮し、習氏を「核心」と連呼
この記事を読むと、中国の抱えている問題の一端が見えてくるのではないのでしょうか。

そういえば、中国関係の記事とかで、やたらと「核心」という言葉が目につくようになってきてませんかね。
ラベル:中国 米国 核心
posted by はせんき at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック