2017年06月05日

まだ風化するには早い

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/170605/wor1706050031-n1.html
中国政府に説明要求、天安門事件でティラーソン米国務長官
中国がどのように返すのでしょうか。
中国に配慮しても無駄という事に気が付いたのでしょうか。

一部引用
北朝鮮核問題で中国との協力を重視するトランプ政権は、人権問題では批判を控えていると指摘されていたが、天安門事件を巡っては従来の米政府の立場を踏襲した。
中国に対して弱腰だと批判されたくはないでしょうしね。
最低ラインのルールというものがあると思いますが、中国に期待しても無駄でしょうね。
ラベル:中国 天安門 64
posted by はせんき at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック