2017年06月12日

どうにかしたほうがいいのでは

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/170611/plt1706110013-n1.html?&pushcrew_powered
菅直人元首相「日本は秘密警察国家になろうとしている」 渋谷で反対集会
すごいこじつけの飛躍というところでしょうか。
共産党のカモフラージュ団体志位るずの残党である自称市民団体「未来のための公共」がなんかやらかしてるようです。
市民団体と名乗れば政治資金規正法から逃れられるとか、誰の入れ知恵なんでしょうかね。

いわゆる、テロ等準備罪反対だと思うのですが、一つの法律ができたら即「秘密警察国家」なんて、どんな陰謀論なんでしょう。
すごい不思議です。
秘密組織なんて作るとなると、表向きの組織みたいなのを別に作る必要があると思いますし、別途秘密組織のための法律が必要になるかと思います。
おとり捜査に多大な制限がる時点で、無理だと思いますけどね。

腐れサヨクというか、パヨクの皆さんにとっては、成立阻止したい法案なのでしょう。
posted by はせんき at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック