2017年07月30日

何も決まらなくてもおかしくない

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/170729/wor1707290052-n1.html
国連安保理、緊急会合へ調整 日米、追加制裁を要求へ
中国とロシアが反対して何も進展しないという落ちでしょうか。

揉めさせておけば、それでいいのがロシアの立場でしょうし、緩衝地帯にしておきたいのが中国というところでしょう。

一部引用
一方、国連のグテレス事務総長は28日、ミサイル発射を「非難する」との声明を副報道官を通じて発表した。グテレス氏は、北朝鮮の指導者は、韓国からの対話再開の提案に応じるべきだとの考えを示した。
なんか妙な幻想でも抱いているのでしょうか。
韓国が抑止力にもなってないわけです。
むしろ、足引っ張ってる状況ですけど、この辺りまともに認識していないんでしょうか。

忘れてはいけないのは、北も南も朝鮮人主体ということです。
端的に言えば、民族内戦扱いにもできます。
このあたり、認識を間違えると、面倒なことになるでしょう。
posted by はせんき at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック