2017年08月18日

申し入れなんてぬるくね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/170818/plt1708180019-n1.html?&pushcrew_powered=1
日本外務省「徴用工問題は解決済み」 韓国の文在寅大統領「個人の権利は残っている」発言で韓国政府に申し入れ
日本外務省が申し入れだそうです。
ぬるくないですかね。
「汚鮮外務省職員、キムチの抵抗」でもあるのでしょうか。(なんか映画のタイトルっぽいな)
ここ最近の言動で判断する限り、かの人たちに条約とか協定を理解できるというのは、夢物語ではないかと考えてしまうんです。
時系列とか西側レベルの最低限の倫理を理解できていたらこんなことにはなってないでしょう。

それと、ついかで
http://www.sankei.com/world/news/170818/wor1708180037-n1.html
“中国版「ランボー」”映画が大ヒット 興行収入800億円、アフリカ舞台に元軍人が中国人を救出
わーすごいですねー
一部引用
米ハリウッド映画「ランボー」そっくりの設定だが、
何作目なんでしょう、ごっちゃになっていてもおかしくはないですね
ラベル:外務省 韓国 中国
posted by はせんき at 20:37| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。