2017年08月19日

表に見える部分で修正はいりますかね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/170819/wor1708190010-n1.html
トランプ氏の有力側近、バノン首席戦略官が辞任 排外政策進言に批判 ホワイトハウス現実路線に修正か
米ホワイトハウスの人の入れ替わりが激しいようです。
軍事独裁体制ではないわけです。
政治的な判断というのが最終的に必要でして、このあたりにどこまで影響があるかというところでしょうか。
政治的にどこまで介入するかというか、どこまでやったら勝利条件満たしたとするのかが、重要ではないでしょうか。
米国としては、朝鮮半島の非核化が最優先で北朝鮮の現体制の崩壊はあくまで優先事項ではないかと推測します。
非核化の過程で体制崩壊しても驚かないでしょう。
韓国がとんでもなくバカやらかしているので、次の行動を決めかねているところではないのでしょうか。
北も南も体制崩壊させて、経済的に縛ったうえで負債だけ中国に押し付けるとか考えていそうですけどね。
ロシアは不凍港を取りに来ると読んでいるというところでしょうか。

朝鮮半島単純丸抱えというシナリオはないでしょうから、対応が難しくなっているのではないのでしょうか。
日韓関係がそうとうに拗れている状況ですし、日本側は朝鮮半島とは縁切りしたいという方向に入りつつありますから、米国も韓国(朝鮮人)に対する過剰な無茶ぶりは言ってこないのではないですかね。
かなりの無茶ぶり(日韓合意)を韓国が破棄しようとしてますからね。
当時の大統領はオバマ氏だったとはいえ、米国の仲介を無効としようとしているわけですし。
リッパード氏の件もありますからね。
posted by はせんき at 20:43| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。