2017年09月20日

危険な領域に一段と進んでますかね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/170919/wor1709190053-n1.html
ソウルを危険に晒さぬ軍事手段「ある」 マティス米国防長官が言明
各種軍事的な手段はあると明言したみたいです。
北朝鮮と軍事衝突という点について、大問題になるのが韓国ソウルの場所です。
グーグルマップで確認すれば一発なのですが、訓示境界線と距離がたいしてありません。
ICBMなんて使わなくても普通に射程距離にはいります。

一部引用
マティス氏はまた、韓国への戦術核の再配備について韓国側と協議したことを認めた。
(中略)
ただ、マティス氏は米軍が実際に再配備する可能性は否定し、「(韓国とは)選択肢について議論した」と述べるにとどめた。
米国の目的に朝鮮半島の非核化というのがありますから、選択肢の議論だけはしたのでしょう。
この場合議論すること自体が有効な手になりますからね。

あと北朝鮮の発射するミサイルの向きとか方角とか見て判断しているんだそうです。

そういえば、ドル円が111円台のようで、案外円安に振れてません。
ですが、日経平均株価20299.38円だそうです。
ここ最近の北朝鮮情勢が緊迫化している中で円安よりで株価上昇なんてどういう事なんでしょう?
ラベル:ソウル 韓国 米国
posted by はせんき at 00:10| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。