2017年10月24日

少し選挙結果について書いてみます。

いつも当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。



今回の衆議院選挙に投票に行かれた方も多いかと思います。
こんな物好きブログな所にくる物好きな方は行かれたとは思います。
期日前に行くというのもありですからね。
選挙に行かれた方には感謝を(えらそーにかいてるなーまっいっか)




そして本題という名の、超適当で勝手な分析

自民党の圧勝という感じでマスゴミは受け止めていたりしますが、半分ぐらいは野党の自滅というところでしょうか。
民進党があそこまで勝手に割れるとは想定してませんでした。
そして、希望の党が勝手にコケルというところでしょうか。

全体の得票数からすると自民党は十分に勝利といえるとおもいます。
少し取りこぼししたようですが、その辺の分析はこれから行うのでしょう。
そのあたりの事を考えると、完勝とは言い難いというところでしょうか。
公明党は少し議席を落としてます。
組織に胡坐をかいたというか、伸びしろがないというのがここにきて、あらわになったという事でしょうか。
煎餅さん組織ですからね。
もともと、議席自体は全体で10減前提ですから、この分を加味するとそれなり以上でしょうかね。

もんだいは、維新、希望、立憲、共産、社民というところですが・・・
社民に流れそうなのと、共産分の相当な部分が立憲民主党に流れたのではないでしょうか。
希望は自民票を食う感じでいたのだと思いますが、維新と共食いというか自滅な感じになりますかね。あとは、基礎票ですか。
維新は自民党の票を食おうとしたけど食いきれなかった上に、それなりでなく希望と共食いですかね。
公明の議席減は公明党の中での浮遊層に近い部分が他に流れたという感じですかね。




積極的に情報を取りに行く層がどう動いたかによるのかなと・・・・
TVだけの人は相変わらず、マスゴミのイメージだけで投票でしょう。
このあたり立憲民主党が最後にかっさらったというところでしょうか。
希望はいろいろ余計なこと言ってましたからね。
ある程度以上情報を取りに行く人は、モリカケという言葉が出てきた時点で相当に疑いの目で見ていたでしょう。
一強なんて言い出した時点で、あきらめた方も多いかと思います。
踏み絵をもっと厳しく判断していればなんてタラレバですね。
カタカナ語だけなら、違う結果でしょうね。

希望と立憲という形に、民進党が割れたわけですが、このあたりでどのように動くかが注目のしどころでしょう。
野党第一党には立憲ですが、内部分裂せずに済むんですかね。
中身の面子に誰がいるか精査必要だと思います。
希望は勝手に割れるのでしょうか。
共産党は立憲に対して恨み節な感じですし、維新は議席を減らしてますから、政権(政府)に言う力が落ちているわけです。

今後の展開がどうなるか、少し時間が必要でしょう。
【関連する記事】
posted by はせんき at 00:16| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。