2017年11月02日

言いたくもなるでしょうに

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/171102/plt1711020021-n1.html
衆院質問時間の配分見直し「もっともな意見」 菅義偉官房長官、若手議員の危機感に理解
時間配分見直しの記事です。

地上波とかの報道を見ててもなんだそれと言いたくなることしか言っていないのですか、議員さんはもっと切実のようです。
一部引用
「国会で一回も質問しないことを(選挙の)相手候補から攻撃された。何とか議席数に応じた質問時間を確保してほしい」
相手候補からすればいい攻撃材料になりますね。
議論してなんぼというのが基本のはずですが、野党のアレなのしか見ていないと何やっているんだと思ってしまうわけですよ。

野党はなんだか言うでしょうけど、「モリカケ」しか言わないでしょうから、配分見直ししてもいいのではないですかね。
他のこと言いだしても、「ねんきんがー」ぐらいでしょうか。
ここ数年の問題の起点は民主党政権時期の事がほとんどだと思うのですが気のせいですかね。

自民党の議員でも目立っていない若手な方も多いと思うので、もう少しどうにかなりませんかね。
posted by はせんき at 16:00| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。