2017年11月30日

一段階進んだと判断したほうがいいでしょうね。

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/171130/wor1711300025-n1.html
米、全加盟国に対北断交呼びかけ 安保理緊急会合 中国には電話会談で石油停止要求
米国が予想以上に強硬路線という感じに見せたがる人がいるんでしょうけどね。

国連の場ではかなり強硬路線な米国ですが、また一段と強気に出てきています。
この記事でも取り上げられてますが、大きなポイントとして
一部引用
中国の習近平国家主席に対し、「中国は、北朝鮮への石油供給を停止しなければならないところにきている」と要求した
中国に対する要求ですね。
これまで以上に経済制裁を行いますというのにも関係してきますから、ある意味現状をさらに上乗せというものでもあります。
むしろこちらの方が、大きいことになるかと思うんですよね。
一部引用
ヘイリー氏は演説で、「すべての国に、北朝鮮とのあらゆる関係を絶つことを求める」と述べ、
ここまで踏み込んだというのは相当に大きいのではないのでしょうか。
米国側で対応するかしないかという選択をせまるというわけです。
敵と味方を明確に分けますよという事につながるのですから、相当に大きいですよね。

一部引用
中国の呉海涛国連次席大使は、「最優先事項は、すべての関係国が冷静さを保ち、安保理決議を厳格に履行しながら早期の対話再開を目指すことだ」などと述べ、従来の立場を繰り返した。
とにかく時間稼ぎしたいのでしょうね。

”撃たずに済ませたいけど撃つしかないよね”という状況になりつつあるというところでしょうか。
posted by はせんき at 20:50| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。