2017年12月10日

大丈夫なんですかね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/171209/wor1712090043-n1.html
検察「証拠があるものは起訴する方向で粛々」 外交判断で容疑者釈放の過去も 人道保護“問題国家”に通用せず
検察はやる気を見せているのかなんですよね。
この記事で気になるのが
一部引用
松前小島に接岸した北朝鮮の木造船乗員による窃盗事件について検察幹部は9日、産経新聞の取材にこう明かした。
検察幹部となっていまして、どこの検察の幹部なのかが書いてないんですよね。
東京地検がなんか妙に動いてますが、どうなんですかね。

数日前の記事ですが
http://www.sankei.com/world/news/171205/wor1712050038-n1.html
北朝鮮木造船は軍傘下か プレートに「朝鮮人民軍第854軍部隊」表記 北海道・松前
プレートの件が出ている記事です。

そして、検察はやる気みたいなこと書いている記事にはプレートの事が乗ってないんですよね。
軍人なのか、民間人なのかで対応が変わると思うのですけど、どうなんでしょう。
民兵というのが考えられるかというと、政治体制的に成立するのか疑問です。
軍に何らかの形で属しているようですので、交戦権が付与されているとみなすことができると思います。
ハーグ陸戦条約とかジュネーヴ条約などの批准しているので、この辺りどうするかで問題があるのではないですかね。

検察は”窃盗”という形で、小さい扱いにして仕事しましたという形に持っていきたいのでしょうか。
検察内部もいろいろありそうですので、どうなるかは注視というところでしょうか。
アレなお花畑でもある、腐れサヨクとかパヨクがいろいろ騒ぎそうですけどね。



真面目な話、ハーグ陸戦条約で規定されている交戦者の資格とかでキツイ突っ込みされたりしたらどうするんですかね。
posted by はせんき at 16:43| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。