2017年12月18日

どんな判断がされるのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/affairs/news/171218/afr1712180034-n1.html
発電機盗んだ北朝鮮船、「大和堆」経由で漂着か 船内から海図押収
http://www.sankei.com/affairs/news/171218/afr1712180002-n1.html
「本当は工作員なんじゃないのか」 誇り踏みにじられた漁師が明かす北朝鮮木造船の乗員の横暴
どのような展開になるのでしょうか。
事態を大きくしないように動いているようにみえます。
国家機密級の情報を持っているであろう政治家も沈黙しています。
野党は突っ込み入れるわけありませんね。
突っ込みの入れ方次第では、朝鮮人の皆さんにものすごく不都合と思われる展開になりますからね。

海のおきてみたいな、いわゆる暗黙の了解事項というのはあると思うのですが、そのようなものが通じるレベルに彼らは達していなかったのではないのでしょうか。
北朝鮮を含む特定アジアと他の地域の違いはこのあたりにあるのでしょうね。

工作員という言いかたになっていますが、軍属なのかで論じていないというところに問題があるのではないでしょうか。
政治体制のちがいとか、あまりにも大きいので、彼らの価値観に合わせるのは危険ではないですかね。
日米欧の水準からすると、低いレベル過ぎて、判定不能になるのではないのでしょうか。
posted by はせんき at 20:35| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。