2018年01月17日

理解できるであろう言葉で言ったようですね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180117/plt1801170016-n1.html
「全く受け入れることできず、協議にも応じられない」河野太郎外相、慰安婦合意の新方針に強く抗議
理解できるであろう表現で話したみたいですね。
韓国側の説明とやらに対してダメ出しというところですかね。
この記事でも、韓国側の主張に関してはものすごくすくないです。
とにかく、言い訳するニダだったのでしょうか。

外務省の公式には
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page11_000084.html
日韓外相朝食会
概要ですけど、ポイントが判り易いです。
韓国側の主張は”なにそれ”という感じだったのではないかと思われます。
再度繰り返されてますね。
一部引用
(2)その上で、康長官から、慰安婦問題について韓国政府の立場の説明があったのに対し、河野大臣から、日韓合意で慰安婦問題の「最終的で不可逆的」な解決を確認したにもかかわらず、韓国側が日本側に対して更なる措置を求めるというようなことは、我が国として全く受け入れることはできず、そのような協議には応じられない、韓国政府が合意を着実に実施するよう強く求める旨を申し入れた
何回繰り返せばいいのか、こいつら頭大丈夫かと、考えていてもおかしくはないですけど、どうでしょうかね。

もう一つ記事を追加
http://www.sankei.com/politics/news/180117/plt1801170018-n1.html
圧力強化路線の維持を確認 韓国に「圧力キャンペーン」に水差す懸念も
日米韓の3か国の会談です。
それなりでなく、釘刺したと思います。
正しく理解しているか不明ですけどね。
一部引用
河野氏は日米韓外相会談後、ティラーソン氏と夕食を交えて個別に会談した。日米の緊密な連携を確認する。
なにげに、この一文が重いですね。

この会談に関しては、外務省のリリースでどうなるのかというところでしょうか。
(日本時間1月17日16:00の時点ではアップされてません。)

それぞれの事情があるのは普通ですが、選択肢を狭めている行動をとっているのが、韓国とか北朝鮮なわけです。
(日米から見ればですが)
あまり考えるのは難し感じが十分にあった、北主導の統一というのが、見えてくるのかもしれません。
バカ正直に、統一府を立ち上げるなんて展開にはならないでしょうけどね。
中国とロシアがどう介入してくるか、読み切れないのが難しいところです。

事態が少しは動くでしょうから、どこかの腐れサヨクにもなれないパヨクが発情するのではないかと予想しておきます。
(発狂とは書きません、発情としておきます)

A新聞とかM新聞とか頭狂新聞とかパニック起こすのか、注視したいところですね。
posted by はせんき at 16:45| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。