2018年01月22日

予想以上に揉めなかったようです

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180122/wor1801220013-n1.html
ヒョン・ソンウォル団長、微笑たたえ無言貫く 「サランヘヨ(愛しています)」の歓声も
http://www.sankei.com/world/news/180122/wor1801220026-n1.html
ヒョン氏率いる北朝鮮の視察団がソウルに 江陵での視察を終える
あまり騒動にはならなかったようです。
この辺りどう判断するかというところでしょうか。
一部引用
韓国当局が憂慮した保守派の反対行動はなく、集まった人の多くは物見遊山の近所の住民。
こんな感じに書かれていますが、どうみますか。
向こうの建前では、統一反対なんていえないでしょうし、従北派がそれなりでなく力を持っているという事になるんですかね。
北も南も反日やることに関しては、問題なんてありませんから、付け込むところはたくさんあるというところなんでしょうね。

北からの進行を迎え入れる準備は着実に進んでいるというところなんでしょうかね。

忘れてはいけません、北も南も朝鮮人です。
これまで、朝鮮人による自主的な統一ができなかったわけですが、今回が最後のチャンスかもしれませんね。
posted by はせんき at 17:03| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。