2018年02月11日

げんじょうのせつめいになるかな

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100038-n1.html
「条件整え実現」 北の訪朝要請に文在寅大統領、核問題には言及せず
http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100039-n1.html
笑顔一瞬、表情冷淡 金与正氏、南北首脳級会談で相手見下す?
http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100040-n1.html
北「サプライズ」連発 軍事挑発カード残し韓国懐柔

http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100045-n1.html
文在寅政権利用し包囲網突破狙う 北が首脳級会談で金正恩氏の親書
http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100048-n1.html
文在寅大統領“米朝同席”演出が裏目 ペンス氏拒絶、亀裂あらわ
http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100046-n1.html
巨額支援を引きだし、核開発の時間稼ぎをしてきた南北首脳会談の歴史

昨日の記事です。
それなりの分析がありますのである程度は状況が見えてくるかというと感じですが、北が南を振り回すという事の傍証な感じです。
日本のマスゴミが意識的に報じていない部分が多少あるので、そのあたりは注意する必要があります。

元々南から他すれば、北に対して話し合いするニダと言っていたわけですがそのあたりをついてきたというところでしょう。
そういえば、どっかの平和賞だか受賞した団体とか関係者は静かなようですがどうしたのでしょうね。
北朝鮮の核は綺麗な核なんて言うのでしょうか。
いつもの、ハンタイハンタイ言うのを楽しみにしているのですけど、どうしたのでしょうね。

ペンス副大統領に関する記事は注目というところです。
http://www.sankei.com/world/news/180210/wor1802100048-n1.html
文在寅大統領“米朝同席”演出が裏目 ペンス氏拒絶、亀裂あらわ
米国側が事前に要望していたこととかがあるはずですが、そのあたりが抜けているのでどうかなというところです。
ただ、席の配置とされる画像がついているので確認する価値はあるかと。
韓国側の演出に乗らなかった形です。
今回の件で、米国国務省も認識を変えるでしょう。
posted by はせんき at 17:08| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。