2018年04月12日

なにをやるんだ

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180411/wor1804110042-n1.html
中国、朝鮮戦争時代の「抗米援朝」を演出 中朝関係改善、米中貿易摩擦を反映
なんか演出だそうですよ。
一部引用
中国人民志願軍が参戦した朝鮮戦争(1950〜53年)関連のニュースを相次いで報じ、当時のスローガン「抗米援朝」(米国に対抗して北朝鮮を支援すること)のムードを演出している。
中国(共産党)は朝鮮戦争を一応認識しているんですね。
アレな感じになっているのは、韓国だけという感じでしょうか。

一部引用
中国では、のべ約290万人の志願軍兵士が朝鮮戦争に参加、約15万人が死亡したとされている。
いろいろと、盛っているんでしょうね。
中国の言う数字は当てになりませんからね。


一部引用
「全国人民が団結して強国の挑戦に痛撃を加える」よう呼びかけている。
大朝鮮というか西朝鮮というにふさわしい言いかたですかね。
posted by はせんき at 20:35| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。