2018年05月22日

とりあえずな話と、確定らしい話

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180522/wor1805220016-n1.html
米中両政府が追加関税の発動保留で合意 ムニューシン米財務長官が明言
http://www.sankei.com/economy/news/180522/ecn1805220049-n1.html
中国が自動車関税を引き下げ 最大15%、対米協議を受け

米中の貿易協議でとりあえず収めた話とかでていますね。
制裁措置の応酬にはしなかったようですけど・・・
自動車関税引き下げらしいですね。

中国がどこまでいう事守るかが焦点かと思います。

中国内の自動車各社のシェアはどうなっているんですかね。
反日が想像以上に強いようですので、米国系メーカがー意外と健闘できているのかもしれません。
関税とかのルール変えただけで、いきなりシェアが伸びるかというと疑問視ですがね。

一部引用
2017年の対中直接投資額は人民元ベースで前年比7.9%増だったが、今年1〜4月は前期比0.1%増にとどまり、頭打ち状態にある。矢継ぎ早に対外開放策をアピールし、米国との貿易戦争を回避する思惑がある
人民元ベースというのがすごい微妙な感じですね。
対中に投資するであろう地域(国家)の通貨ベースでの記載ではないというね。
統計があてにできるんですかね。
日米欧の基準で見たらイカサマみたいなことができるわけですから、このあたり考慮が必要でしょうね。
posted by はせんき at 21:21| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。