2018年05月30日

強気発言はどこ向き

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180529/wor1805290024-n1.html
「会談望むなら威嚇するな」 北機関紙、米韓演習中止を要求
威嚇するなだそうです。
一部引用
「会談を真に望むなら相手を力で威嚇する芝居を演じてはならない」
会談できる状況になりますかね。
米国側は会談のための努力を精一杯しましたよというポーズをとりたいのではないですかね。
ポーズというか、大義名分ですね。

一部引用
演習問題は「米国が平和を望むか、戦争を追求するかを示す試金石になる」と警告した。
制裁をさらに追加するという展開になりそうですけど、気のせいですかね。

北朝鮮に核とミサイルに生化学兵器などが無ければいいわけですよ。
無くなっていれば、体制が維持できるかなんて、知らんふりでもするのではないですかね。
ある一面日本としては難しい展開ですけどね。
どこが核兵器等を無くすかで、体制崩壊確定コースになるかというのが本当の所ではないのでしょうか。
南(韓国)主導というのは、考えなくてもよさそうな確率ではないのでしょうかね。
posted by はせんき at 00:03| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。