2018年06月01日

なんか微妙に足りない感じがしますけど

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180531/wor1805310018-n1.html
「両国関係発展へ重要なメッセージ」 中国大使館、李克強首相訪日の成果強調

http://www.sankei.com/world/news/180531/wor1805310019-n1.html
中国「偏見に満ちている」と反発 米宗教報告書に

中国があまり強気でない感じな言いかたですけど、どうしたのですかね。
いつもの中国なら、成果があったら、ものすごく大きく、これでもかというぐらいの事はしていると思うんですよ。
反発するにしても、微妙に威勢がよくないという感じなんですがどうしたのでしょう。

宗教はいろいろ問題が有りますから、うかつに持ち出すのは危険な感じがしますけどね。
このあたりの価値観が、日本基準、米国基準、欧米基準でそれぞれ違うと解釈しないといけないのではないのでしょうか。
地理的な問題とか該当宗教の成り立ちとか考えて発言しないといけないのでしょうね。

ついでに
http://www.sankei.com/politics/news/180531/plt1805310027-n1.html
立憲民主・枝野幸男代表「あの言い訳は嘘だ」 安倍晋三首相と加計孝太郎氏の面会で
嘘だーだそうです。
もう少し違うこと言えないんでしょうか。
モリカケと「アベガー」「セイフガー」「忖度」他のネタはないのですかね。
アタマの中身劣化していませんかね。
posted by はせんき at 00:10| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。