2018年06月01日

それなりのことにはなったようです

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180531/wor1805310025-n1.html
訪朝の露外相に金正恩委員長「米国の覇権に対抗していることを高く評価している」
覇権だそうです。
米国は普通に大国なわけです。超大国な言いかたでもいいのかもしれません。

米ロの相互不信はかなりなようですから、反米という事でまとまれるという事でしょうか。
一部引用
「露指導部が米国の覇権に対抗していることを高く評価している。プーチン大統領とロシア国民によろしく伝えてほしい」
特定アジア的覇権国家のやり口をやるのであれば、殲滅戦と大規模空爆でもやりまくっているのではないですかね。
このあたりの基本的考え方が違うという認識で見ないと、判断ミスするのではないのでしょうか。

一部引用
北朝鮮問題は「多くの要素」から成っており、「全てを即時に要求する誘惑を避けねばならない」と強調した。米国が北朝鮮に核兵器の全面廃棄を要求していることについて、慎重な取り組みを促した形だ。
とにかく時間稼ぎしろとでも言いたいのですかね。
現状ロシアが影響力行使しているかというと、微妙な感じもしますけどね。

一部引用
ロシアは9年ぶりとなる外相の訪朝で出遅れ感の払拭に動いた。
出遅れているという認識があるんですかね。
ロシアの影響力が相対的に落ちてきているという懸念はどうなんでしょう。
この記事では、そのようなことが書かれているんですけどね。
posted by はせんき at 20:30| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。