2018年06月05日

牽制と妄想を見ている人たちでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180604/wor1806040029-n1.html
プーチン露大統領が金正恩朝鮮労働党委員長を招待 9月に極東ウラジオストクへ
招待だそうですよ。
何を話し合うんですかね。
北朝鮮に対する影響力がありますよというのを示すにはちょうどいいネタなのかもしれません。
先に予定入れておけばという事でしょうか。


なんかいってます
http://www.sankei.com/world/news/180604/wor1806040038-n1.html
「日本は疎外、孤立」「拉致解決済み」…北が牽制、韓国も「北を疑うな」
孤立とか疎外とか、ついでに疑うなだそうです。
北朝鮮がなにやら、要求してきてます。
朝鮮人らしく「謝罪と賠償を要求するニダ」ですかね。

一部引用
北朝鮮メディアは4月に、日本の一部メディアの報道を引用し「日本が現在、『日本疎外』現象に大いに憂慮している」と報じ、
どこの一部メディアですかね。
一部メディアのいう事に動じていませんからね。

一部引用
ただ、安倍首相は「日本が蚊帳の外に置かれることはない」と断言。北朝鮮はこれが気に入らないようだ。むしろ孤立をあおり、日本からの接近に期待している様子がうかがえる。
蚊帳の外だそうですけど、北朝鮮認識とは違いますという事でしょう。
遠くから眺めているのでいいのだという事でしょうね。

代弁者になりましたか
一部引用
国防相は「疑い続けては対話に支障が出る。北朝鮮を理解してほしい」と反論した。
北朝鮮の代弁者になりましたかね。
反日というか、日本に金を出せという事に関しては同意できるのでしょう。
このあたり、韓国(朝鮮人)の限界が見えたというところと判断するしかないんでしょうかね。
ラベル:疑うな 孤立 疎外
posted by はせんき at 00:20| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。