2018年06月29日

具体化してきたのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180629/wor1806290018-n1.html
在韓米軍は維持 マティス氏「同盟国への防衛義務は揺るがない」 米韓国防相が会談
http://www.sankei.com/world/news/180629/wor1806290016-n1.html
米韓同盟関係の確認に安堵の韓国 在韓米軍存続も米から新たなコスト要求
在韓米軍は維持のようです。
もうしばらくの間というのがホントのところでしょうか。
いきなり撤退というのは、今しばらくない感じですね。

北朝鮮がどのように出てくるかで、今後の動きが決まるというところでしょうか。

一部引用
会談では韓国軍の有事作戦統制権の米韓連合軍から韓国軍への移管問題についても協議され、朝鮮半島の今後の安保情勢を十分考慮し、移管への必要な条件を早期に満たすよう、協力を強化することで合意した。
この問題が有るわけです。
米軍もそろそろあきらめていそうですが、北朝鮮の問題が有りますから、簡単にはいかないという事なのでしょう。

一部引用
マティス氏はこの日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談する予定だったが、文氏の疲労による体調不良のため、会談は中止になった。
逃げたんですかね。
北の傀儡になっているのかと突っ込まれたくなかったのでしょうか。
言っていることやってることは、明らかに先走りですからね。

一部引用
米韓は26、27日に来年以降の在韓米軍の駐留経費負担をめぐる協議を行った。消息筋によれば、米国側はこの場で戦略兵器の展開費用の分担を韓国側に要求したという。米国はこれまでも同じ主張を繰り返してきたが、韓国側は戦略兵器の費用が協議の対象外であると反論したという。
コストの負担しろという事ですね。
戦術兵器だけで済む問題ならここまで問題にはならないでしょう。
北朝鮮が、長距離ミサイルと核という手段を使っていますから、なおさら負担しないといけない状況になっているのですけど、このあたり逃げ回るのでしょうね。

演習の費用負担が結構な重しというのは、予想以上に韓国軍の練度が上がらないという問題にもつながっているんですかね。
posted by はせんき at 09:30| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。