2018年06月29日

思うところはあると思いますが

なんのことかと
W杯予選リーグのポーランド戦
いろいろあると思いますがね。
何を目的にしているかという事考えて、ルールを徹底的に分析して、きっちり実行した。
これを忘れてはいけません。
消極的とか他力という批判はでるでしょう。

日本代表はそれなりに評価されてははいるようですが、強豪扱いされていないとか、何かが足りなかったというのは事実でしょう。

なんというか、最後の執念みたいなものが足りなかったのかもしれません。
ルール違反はしていないわけですけどね。
美意識的にはどうかというのはあります、結果的に自縄自縛していた鎖の一部を解き放ったという事ではないですかね。

とりあえず、セネガルは今後強くなると勝手に予測しておきます。

世界的にルールそのものは守りつつここまでの事を見せたということで、今後の展開に何らかの影響は出てくるでしょうね。



どこかの隣の国は、火病を起こすとおもわれます。
発狂しかけている国もあるようですけど、生暖かく見守ってあげましょう。
posted by はせんき at 18:29| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。