2018年06月30日

状況が作られている最中なのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180629/plt1806290028-n1.html
北朝鮮問題、トランプ政権の外交努力後押し姿勢鮮明に 中国には断固たるメッセージ 日米防衛相会談

http://www.sankei.com/world/news/180629/wor1806290050-n1.html
在韓米軍司令部が平沢に移転 73年間のソウル中心部・竜山駐留に幕

米軍の再編再配置が進んでいるようです。
外交の中には軍事力というのもあるわけですが、相当に明確に動いているという事ですね。
北朝鮮問題という言いかたになっていますが、事実上の対中問題と考えていた方がいいのではないのでしょうか。
北朝鮮には「これだけ引いて見せたから、判っているよな」というメッセージなわけですけど、どう反応しますかね。
奇妙な動きを見せるであろう韓国は”体調不良”だかよく判らないこと言いだしたようですが、詳細はどうなんだか・・・

一部引用
在韓米軍の平沢への移転は、2003年に米国と当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が合意した。昨年7月には、在韓米軍を代表する陸軍第8軍司令部が竜山から平沢に移転しており、今年中に米軍の大部分を移転させる計画だった。
元々の予定を少し早めたという事ですね。
名目的には以前の合意を履行したからという事なのでしょう。
軍事統帥権とかいろいろあるようですが、このあたりグダらせているのは韓国側らしいですので、注意が必要ではないでしょうか。

北朝鮮の核放棄と米軍の撤退はどちらが先になるかなんてカケは成立しますかね。


日本国内ですけど、野党のみなさんが奇妙に静かです。
何かあったのでしょうか。
いつもの野党のみなさんなら、「ギョウセイノタイオウガー」とか言いそうですけどね。
大阪府を含む関西地域には何かあるのでしょうか。
posted by はせんき at 09:48| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。