2018年07月05日

強気で対抗しないのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180705/wor1807050002-n1.html
「中国と手を携えて試練に向かい合うべき」 中国首相がEU委員長との電話会談で対米結束呼びかけ
EU委員長に呼びかけだそうです。
都合のいいことは宣伝しますというのが、中国とか特定アジアなど旧東側の基本です。
どこまでEU側が乗ってくるかですね。
ここ最近の日本の反応が思わしくないというのもあるのでしょうね。


そして、聞きなれない部署が
http://www.sankei.com/economy/news/180705/ecn1807050017-n1.html
中国、追加関税は米発動後に実施 日本時間6日午後1時に同時、「対抗」の立場強調
微妙に聞きなれない部署の名義でやるようです。
いつもの、外交部とかではないんですかね。
下っ端のやる事だからとか言う感じに逃げうてるという事も考えているのでしょうか。

一部引用
6日に発動する米国製品に対する追加関税措置について「米国の追加関税の効力が発生した後に(中国は)実施する」と明らかにした。
わざわざ、米国の発動の後にだそうです。
あとから発動したよとアピールですね。

米国議会で何やら可決したらしいです。
なにやら、中国系の通信関係企業との取引禁止が盛り込まれているんだとか。
posted by はせんき at 16:11| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。