2018年07月13日

深読み前提とか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180712/wor1807120028-n1.html
かすむ最大限の圧力、顕在化する米朝の温度差 首脳会談から1カ月
微妙に判断が難しい感じです。
記事の中で
一部引用
米国と北朝鮮、韓国の思惑と今後の展望を探った。
冒頭にありますが、韓国要素が相当に薄いです。
それと、現時点でどこまで書いても問題ないのか探っているように思えますが気のせいでしょうか。
北朝鮮がとにかく時間稼ぎをしてくるというのは、織り込み済みでなければいけなかったことではないかと思います。
このあたり、妙な評価をしてしまった米国という感じでしょうか。
いつも通りの、ルール作れば勝手にうまく行くという考え方ですね。

米国が対中で制裁行動をとっていますが、このあたりも含めて考えないといけないでしょう。


なんか、おかしな他人事な感じですけどどうですかね
http://www.sankei.com/world/news/180712/wor1807120029-n1.html
「一挙に解決するのは困難」と文在寅大統領 米朝首脳会談から1カ月でシンガポール紙インタビュー
一部引用
米朝間の対立について「70年続いてきた問題であり、一挙に解決するのは困難だ」と主張、平和交渉は長期化するとの認識を示した。
米朝間の対立これは間違いないのですが、朝鮮半島の国家と言う点では、当事者になるはずですけどね。
このあたり、当事者として解決するという認識がまるでないのでしょう。
それなりに気概があるのなら、南主導で”統一”というのは不可能ではなかったわけですからね。(現状相当に難しいですけど)

そういえば、
一部引用
文氏は4月の南北首脳会談で年内に宣言することで合意した朝鮮戦争の終戦宣言について「恒久的な平和定着過程を牽引(けんいん)する道しるべになる」と意義を強調。
さっさと、終戦宣言してください。(結構切実です)
名目だけでしょうけど、朝鮮半島が戦争状態ではないという状況になるというのは相当に大きいです。
在日朝鮮人をはじめとする、海外に事実上の逃げ出した人たちの強制送還の名目が成立します。

在韓米軍を都合よく使おうとしている感じですけど、大丈夫なんですかね。
朝鮮半島に核がなくなるというのが確認できて朝鮮戦争終結なんてしていたら、米韓同盟の終了を喜々として実行するのではないですかね。

一部引用
朝鮮半島の統一についても「南北関係が正常の軌道に乗ったのはわずか6カ月にすぎない。現時点では与えられた機会を生かし、南北関係の発展に注力する必要がある」
北に順調に切り崩されている感じですかね。
経済規模の違いなどから、いきなり丸飲みはできないでしょうからね。
反日ではまとまれるようですので、そのまま西朝鮮の一部地域になるのか、特殊例外地域と化すのかは慎重に見ていましょうかね。

事態の展開について適当な予測込みで書いてますが、米国がいきなりミサイルをぶっ放すというのもあり得るわけです。
表に見せるカードが出揃っているとは言えない以上、願望交じりの希望的観測でしかない、記事という言う体裁の物は無視しないといけないでしょうね。
posted by はせんき at 09:28| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。