2018年07月17日

監視がいるのでは

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180717/wor1807170019-n1.html
南北軍通信線復旧へ 国連、燃料や車両の輸出の例外措置認める 韓国政府が要求
どんな切断の仕方したんですかね。
一部引用
ガソリンなどの燃料や、光ファイバーケーブルやトラック、バス、発電機などの機材。
通話とかFAXならメタル回線でも大丈夫です。
いわゆるインターネットの高速回線ですが、A(V)DSLであれば、メタル線でも可能です。
中継局さえまともに構築できるのであれば、ですけどね。

南北軍通信線復旧を名目とした、事実上の援助になるのでしょう。
援助というより貢物というのが正しい気がしていますけど、気のせいですよね。
posted by はせんき at 17:01| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。