2018年07月22日

ポジションを取ろうかということでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180721/wor1807210014-n1.html
ポンペオ米国務長官、安保理理事国に制裁維持の必要性強調 ヘイリー米国連大使「中露に圧力」
圧力だそうです。
北朝鮮と取引するなと、制裁しろと言ってます。
出来ることなら、軍を動かさないで、済ませたいというのがあるんでしょうね。
非核化の過程で勝手に体制崩壊するという展開もあるという事も視野に入れておかないといけないのでしょうけどね。

一部引用
韓国国連代表部で行われた会合には、理事国ではない日本の別所浩郎大使や韓国の康(カン)京(ギョン)和(ファ)外相も出席。
いきなり外相が出ているのですか。
かの国ならありえるのかもしれません。

一部引用
中露など安保理内に漂う対北融和ムードに対し、引き締めをはかった。
かの国には通じるんですかね。
結果的に引き締めはかったよというアリバイという事になりそうですけどね。


別の所では
http://www.sankei.com/world/news/180721/wor1807210015-n1.html
北朝鮮人権法を再開 トランプ大統領が署名、成立
一つ成立だそうです。
北朝鮮人権法だとか

北朝鮮に対する手札は増やしておくという事なんでしょうね。


北朝鮮問題での韓国の存在感のなさはすごいですね。
朝鮮半島にある国家と言う意味では、2つのうちの一つなんですけど・・・
posted by はせんき at 00:09| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。