2018年07月23日

どちらが先になるか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180723/wor1807230018-n1.html
トランプ氏がイランに強く警告 アルファベット大文字で「用心しろ!」 ロウハニ大統領挑発を牽制か
イランに警告だそうですよ。
中東には油がありますからね。
戦略物資の問題もあるので中東の問題のむずかしさというのがあるといえます。
あと、宗教の問題も根深いので素直にはいかないわけです。
中途半端な解釈で首突っ込むのはかえって危険ではないですかね。


http://www.sankei.com/world/news/180723/wor1807230023-n1.html
北、「米が終戦宣言を拒否」と不満表明 文在寅政権に働きかけ催促
北朝鮮が不満だそうです。
非核化よりも終戦宣言を先にして、体制保証というところでしょう。
米国が北朝鮮の体制を崩壊させるというだけなら、違う手段使うと思いますけどね。

相当に無茶ぶりですが、韓国の体制と経済を崩壊させるという手段もあるわけです。
結果として朝鮮半島が無政府状態というのであれば、北朝鮮が体制崩壊したと解釈できますからね。
一時的に朝鮮半島を無政府状態にして、国連軍で治安維持という名目での体制構築という無茶ぶりシナリオも視野に入れるのではないかとかね。
トンデモに近いシナリオですけど、この程度のものは米国のシンクタンクなら考えていると思いますけどね。

一応、いきなりの軍事力を行使していないですよというアピールしているという状況になりつつあるわけですが、このあたり北朝鮮は読み間違えていそうですけど、どうでしょうかね。
韓国は従属変数と化している感じになっていますが、こればっかりはどうしようもないですね。

一部引用
「非核化措置が先か、終戦宣言が先か」をめぐる米朝の駆け引きは長期化する恐れもはらんでいる。
可能性として長期化というのはゼロではないですからね。
中間選挙もあるので、弱腰と見られないというためにも何かやると勝手に予測しておきます。
posted by はせんき at 20:50| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。