2018年07月26日

とりあえず言っとくかでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180726/wor1807260020-n1.html
北京の米大使館付近で爆発 26歳の男が着火、ビザ発給でトラブルか
トラブルという事にしておきたいようですね。
一部引用
今回の事件と米中貿易問題などとの関連性はないとの見方を強調、「警察当局が適切に処理している」
関連しないのかもしれません。
適切に処理しているというのに関しては激しく疑問視しますけどね。

さらに一部引用
内モンゴル自治区出身の男(26)が爆竹のような装置に火を付けた後、爆発が起きた。

中略

男は米国大使館から査証(ビザ)の発給を受けられず不満を抱えていたとの情報もある。

内モンゴル自治区に査証(ビザ)ですか。
なんか不穏なことになりそうな気配がしますけど気のせいですかね。
当局にとって都合のいいことは報道しますけど・・・な中国ですからね。
米国系メディアがどんな感じかというのは気になりますね。


時間的には少し前の記事ですが
http://www.sankei.com/world/news/180726/wor1807260002-n1.html
中国・習近平主席「一国主義を拒絶すべきだ」
なんだそうです。
新興5カ国(BRICS)首脳会議の関連行事で講演でだそうですよ。

一部引用
「中国はドアを開放して発展する」と述べ、中国市場の閉鎖性を批判する米国を牽制した。
牽制だそうですよ。
額面通りに受け取る人なんて、どこかのお馬鹿経営者ぐらいではないでしょうか。
posted by はせんき at 20:54| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。