2018年07月28日

少しは進んだようです

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180728/wor1807280012-n1.html
朝鮮戦争の遺骨返還式典にペンス副大統領が参加へ 国防長官、「全ての遺骨返還」へ本格取り組み表明
無駄にトラブルが起きないといいのですけどね。
北朝鮮ですから、小出しにして時間稼ぎとしたいところでしょう。
一部引用
また、北朝鮮が遺骨を小出しにして非核化プロセスの停滞を狙っているとの指摘に対しては、遺骨返還問題は「(非核化)交渉と無関係だ」と強調した。
このあたりはすでに織り込み済みでしょうね。
北朝鮮側がどこまで時間かけるかという事に関しては異論など相当にあるわけですけどね。

一部引用
返還された遺骨の身元特定には「時間がかかる」とし、同じく朝鮮戦争に参加したオーストラリアやフランスの兵士の遺骨であると判明する可能性もあるとした。
この可能性も否定できませんから。時間かかるという事なのでしょう。

とにかく北朝鮮としては、時間稼ぎしたい、終戦宣言とかに持ち込みたいわけです。
米国がどのシナリオで進めているか知りたいところでしょうね。
posted by はせんき at 16:17| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。