2018年07月31日

話し合いという形ですけど、実態はどうなんだ

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180731/wor1807310006-n1.html
緊張緩和へ南北将官級会談 首脳会談以来2度目
高官級で話し合いだそうですよ。
板門店とかの非武装化など話し合うとか
北朝鮮に都合のいい感じで進むんでしょうかね。
一部引用
非武装地帯(DMZ)に点在する南北の監視所の一部を試験的に撤収する案や、黄海の南北境界周辺を「平和水域」にするとの合意の実現が議題に上る可能性もある。
どちらから言いだしたか不明ですけど、非武装化にしておけば、やりやすい展開になるのは北朝鮮というところでしょうかね。
韓国側は基本自由に動けますから、観光という名の下見はそれなりにできますからね。

米国の動きとか見えてこないので判断が難しいわけですが、中国が何かやるとも考えられるわけです。
判断材料が少ないので、注視するしかないというところですかね。
posted by はせんき at 08:53| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。