2018年08月04日

基本線は変更ないようです

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180804/wor1808040015-n1.html
「北朝鮮の非核化時期は金正恩氏の決断」 ポンペオ国務長官が歩み寄りに期待
http://www.sankei.com/world/news/180804/wor1808040027-n1.html
米が北朝鮮制裁の完全履行を中国に求める ポンペオ国務長官が王毅外相に

米国の方針に変更はないようです。
発言とか微妙に強い言葉を使っているのかもしれません。

記事とか基本的に翻訳が入ったりという事なわけですが、少し強めに引っ張られているようなというかんじでしょうか。

対中でもあんまり遠慮していない感じの発言が増えてきているのかもしれません。
日米欧の基準からすれば、技術移転とか資本の移動とか株式会社設立においての制限とか、おかしな点ありすぎですものね。
そのあたりもあって、米国トランプ政権と議会がどれほどの事をやるか読み切れないんですよね。

北朝鮮単体でやるとなると、残されてる手段自体が少なすぎるというのがあるのかもしれないですね。
posted by はせんき at 20:49| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。