2018年08月05日

従来方針と変わらないようです

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180804/wor1808040060-n1.html
河野外相「拉致問題解決へ北朝鮮と直接協議」と決意 ポンペオ国務長官と対北制裁の完全履行を確認

https://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page4_004255.html
日米外相会談
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/ocn/page4_004256.html
第8回日米豪閣僚級戦略対話(TSD)

対北朝鮮に対する行動について、基本的に変化なしという事の確認ですかね。
一部引用
北朝鮮に核を含む全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」を求めていく方針を改めて確認。
ないほうがいいものですからね。
ポンペオ氏が強気で、トランプ大統領が抑え役に見せているみたいな感じになっているわけですが、なんかのパフォーマンスみたいなのを考えているのかもしれませんね。
北朝鮮単体というより、中国のついでに話をつける感じでしょうか。


一部引用
両外相はこの後、オーストラリアのビショップ外相を交えて、日米豪外相会談を行い、北朝鮮の非核化に向けた米朝プロセスについて、「成功するか否かの正念場にある」との認識を共有し、3カ国が、緊密に連携していく方針で一致した。
日米豪で方向は合わせるようですね。
向き変えれば、オーストラリアまで射程内に入りそうですし、オーストラリアから東南アジアにかけての間とかでややこしい事されたくないというのもあるのでしょう。
親中によりすぎたというのもあるのでしょうね。

あと、日本(政府)が予想以上にスルーしているというのもあるのではないのでしょうか。
朝鮮半島情勢において影響が多大にあるわけですが、冷めた目で見ている状況になってますよね。
特定野党ならこんなことになっていないはずです。
色々な意味で特定野党に腐れサヨクとかパヨクのみなさんが自爆みたいなことやるでしょうから、生暖かく見守りましょうかね。
posted by はせんき at 09:09| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。