2018年08月05日

会談たくさんとか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180804/wor1808040061-n1.html
北外相、制裁切り崩しへ相次ぎ会談 ARF閣僚会議 非核化より「信頼醸成が先」と米を非難
会談をこなしたようです。
非核化より信頼をとか言っているようですね。
終戦協定がそれほどに欲しいのでしょう。
経済制裁解除に向けた大きな一歩になりそうですからね。

一部引用
「憂慮されるのは米国内で指導部の意図と違う方向に引き返そうとする試みがあることだ」。
なんだそうです。
北朝鮮の都合ですからね。
このあたり後ろに中国がいるというのは面倒という事なわけですね。

一部引用
ポンペオ氏は記者会見で、北朝鮮の非核化に関し「決意は固く、実現を楽観している」とも述べており、決裂を回避しようとする姿勢も目立った。ただ、具体的非核化措置に進展がみられない中、注目された米朝外相間の個別会談は不発に終わったもようだ。
単純に決裂というのは簡単ですので、どのような状況に持っていくかが見せどころなのではないのでしょうか。
ある程度手順を踏んだうえで決裂という事をやりそうなんですけど、どうですかね。


一部引用
韓国外務省当局者によると、康京和(カン・ギョンファ)外相とも3日の夕食会で和やかに意見交換したが、個別会談を打診した康氏に対して李氏は「応じる立場ではない」と婉曲(えんきょく)に断った。米朝間で停滞した非核化交渉の仲介策を模索してきた韓国政府ははしごを外された形だ。
韓国がどんな反応を示すかという事になるわけですが、軽い扱いでしょうか。
一応同じ民族なはずなんですけど、どう判断しましょうか(棒)

一部引用
北朝鮮は「制裁・圧迫にしがみつくなら、真の関係改善は期待できない」(労働新聞)と韓国を牽制(けんせい)。米国との制裁路線から手を引かない限り、安易に会談には応じないと無言の圧力をかけたともいえそうだ。
さらに上乗せされている感じですね。
なんとなく、韓国が最悪の選択を最悪のタイミングでやりそうな感じですが気のせいでしょうか。
posted by はせんき at 15:53| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。