2018年08月07日

何を言い出すのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180806/plt1808060025-n1.html
最有力候補・玉木雄一郎氏への「反旗」相次ぐ 「対決より解決」に津村啓介氏らは野党共闘路線主張、対決軸に
反旗だそうです。
政策として何を言い出すのかが見えてこないのですけど、党内のマウンティングでしかないのでしょうかね。
政策論争が出来るのであればというか、この人たちしていましたかね。
モリカケ以外に何かやってましたかね。
正直記憶に残っていないのですよ。
パチンコ依存症とか総務相の仮想通貨とか突っ込むところはあると思いますけど、何でそのあたりで騒がないんですかね。
文部科学省の問題もありましたね。
何をためらっているのでしょうか。
政策論争もできない、疑惑の追及は的外れとなると、支持する理由がなくなってしまいますよ。

現状、特定野党がこの有様ですから、必然的に「安倍一強」になってしまうのも当然ではないですかね。
マスゴミの皆さんも、特定の問題のごく一部だけ取り上げるのはどうかと思いますよ。
posted by はせんき at 15:48| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。