2018年08月23日

まあ、いい感じにというという事なんでしょう

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180822/wor1808220020-n1.html
「また会える日まで」 南北離散家族再開事業の第1陣終了
いかにもなアピールの場でしょうけどね。
北朝鮮側なんて都合がいい人に演技でもさせているのでしょう。
なにしろ、騙すという事にかけてはものすごい努力するようですからね。
騙されやすいのも韓国(朝鮮人)の特性なのかもしれませんけどね。
扇動されやすいのでしょうかね。
ロウソクという実績もありますし・・・


http://www.sankei.com/world/news/180822/wor1808220021-n1.html
韓国国防白書から「北は敵」の表現消える? 対話受け文在寅政権が検討 「時期尚早」との批判も
検討だそうですよ。
敵という認識でいるかというのは相当に大きいことだと思います。
このあたりの方針転換しだいでは、韓国消滅コースも見えてくるでしょうね。
北主導統一の可能性が少し広がりましたね。
朝鮮人主体での統一であれば、北主導でも統一には変わらないわけです。
韓国がなし崩しに消滅したら解釈がどうなるか検討が必要だと思います。
なし崩しにしても展開の仕方次第で判断が分かれるのでしょうけどね。


http://www.sankei.com/world/news/180822/wor1808220023-n1.html
非武装地帯の監視所を10カ所ほど撤収へ 在韓米軍司令官は「緊張緩和に寄与」としつつ懸念も
一部撤収だそうです。
ハリボテでも監視所には変わらないわけです。
ある意味人員の消耗を押さえるという点では、どちらにも利点ありそうですが、体裁を整えるという点を考えると、北に有利になりそうですね。
韓国と北朝鮮ですが、地上を高精度で撮影できる人工衛星がありましたかね?
一部引用
在韓米軍が即応態勢を維持する別の手段を見いだしていることを表明。
韓国からするとえげつない手段のような気がします。
これまで意図的に選択肢から外されていた手段とか相当にありそうです。


なんというか
http://www.sankei.com/world/news/180822/wor1808220025-n1.html
国連環境部門トップが訪朝 荒廃した山林復旧など議論か
だそうです。
意味ある結果になんてなりますかね。


こんなこと言っているという
http://www.sankei.com/world/news/180822/wor1808220019-n1.html
「ゼロになるのは時間の問題だ」 台湾孤立戦略の成果を中国紙が強調
勝手に色分けしている感じでしょうか。
政情不安な所は中国式に弱いんでしょうかね。
数年後どうなっている事やら・・・
posted by はせんき at 00:17| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。