2018年08月27日

追放という名目だそうですよ

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180826/wor1808260024-n1.html
北朝鮮、拘束日本人を追放へ 「日本人観光客『スギモト・トモユキ』を寛大に許す」
http://www.sankei.com/world/news/180827/wor1808270007-n1.html
北朝鮮が拘束した日本人、中国経由で送還か
http://www.sankei.com/world/news/180827/wor1808270008-n1.html
北の拘束男性追放「説明控える」 菅義偉長官

詳細は明らかになっていませんね。

自称するだけならどうとでもできますからね。
一部引用
外国の旅行会社が企画したツアーに参加し、列車で北朝鮮入りしたという。
いかにもな、在日朝鮮人ではないという感じですかね。
観光客に交じって入国させて、拘束という名目の接触と次の指令の確認とかやっていてもおかしくはないわけです。
なにしろ、北朝鮮ですからね。
正面戦闘を仕掛けない代わりに、破壊工作とか仕掛けてきそうです。
放火というだけでは、ピンと来ないかもしれませんけど、その場所次第では、とんでもなく大迷惑になるところがあるわけですよ。
一般には公開されている場所かはその企業とか業界次第なのですけどね。
守秘義務というものがありますから、まともな人であれば、黙っていると思いますけどね。
労働組合という偽装で、革マルというのがあったりしますからね。
ラベル:拘束 追放 送還
posted by はせんき at 20:39| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。