2018年09月13日

実態はどうなんだ

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180913/wor1809130013-n1.html
板門店で南北軍事当局協議 首脳会談へ衝突防止策や監視所試験撤収を最終調整
協議だそうです。
南と北が形だけは融和に動いているというアピールでしょうか。
見た感じは融和ですが、実態はどうなんだか疑問視していた方がいいですね。

このままなし崩し的に南北融和なんて・・・ありえるのでしょうか。

対等とか五分五分とか言う概念があるとは思えないんですよね。
東方儀礼の国とか言っているらしいですけど、ご都合主義満載の理想像でしかないのではないかと疑っています。
理想が高すぎて、実現できないという現実を常に実感しているのでいろいろと拗らせているのでしょう。
posted by はせんき at 17:15| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。